便利な貸切バスを活用しよう

便利な貸切バスを活用しよう

貸切バスとは、一台のバスを貸し切って使用するバスのことです。旅行や遠足などの観光に使用する移動手段だけに限らず、冠婚葬祭の移動など、バスを貸し切って自由に使用することができます。その目的は自由ですから、距離や人数、乗り降りの場所や時間も自由に決めることができます。

上記で述べたように、貸切バスの最大のメリットはバスを自由に利用できるというところです。また、一台の値段がバス会社ごとに決まっていますから、参加人数が多ければ多いほどバス代を割り勘にすることができるのでお得になります。
また、貸切バスの中は、身内や仲間だけです。空いている椅子に荷物を置いたり、観光の時は重い荷物をバスの中に置いたままにすることができます。
サロンが付いているバスでは向き合って話すことが可能です。また、飲食も可能ですので、持ち込んだ缶ビールで乾杯することもできます。カラオケがついていれば、みんなで熱唱することもできるので移動時間も楽しめます。

自分たちで行先やルート選べるところも貸切バスの大きな魅力です。行きたいところを集約して計画を立てるのは大変ですが、それがいい旅の思い出になります。しかしいくら何をしても自由といっても走行中に立ったり、備品で遊んだり等、走行中に危険なことをしないという基本は遵守しなければいけません。

貸切バスには、利用する人や目的次第で様々な用途があります。メジャーな使い方は観光です。
社員旅行やサークルの旅行など、自分たちで考えた行程表で行くことが可能です。また、結婚式など冠婚葬祭の送迎で使われることもあります。自宅から親族を乗せて、結婚式場までの「特別感」を演出するために使われます。
高級感のある演に用いるだけでなく、日常使いとして会社の研修や視察、イベントなどの行事での送迎にも利用されます。バスは大人数を送迎するのに適していますし、コースや時間、配車を細かく決められるというのも貸切バスの魅力の一つです。

利用する際、注意すべきこともあります。バスの中は自由な空間ですが、安全にバスを利用するために守らなければいけないルールがあります。それは、車内でのマナーです。先に述べた基本的なマナーの他走行中、酔っぱらって運転手に執拗に話しかけたり、備品を壊したりしてはいけません。お酒の飲み過ぎには注意が必要です。また、シートベルトの着用が義務付けられています。貸切バスは正しく利用しましょう。

また、貸切バスには様々な種類があります。自分の目的に合ったバスを選びましょう。
選び方は、人数にあった車種を選ぶこと。バスには、大型バスや中型バス、マイクロバスなどがあります。また、トイレが付いていたりカラオケがあったりとサービスも違いますので、用途と目的、人数に合ったバスを選びましょう。
さらに、高速代や駐車場代などが貸し切り料金に含まれない場合もありますので、きちんと見積もりを貰い確認する必要があります。

費用はバス会社によって違います。利用する時期や人数、バスの種類でも変わってきます。テーブル付きで綺麗なバスがいいのか、ただ人を移動できればいいのか、利用する人がどんなサービスを受けたいかで費用も変わります。一社に限定せず、見積もりを取り寄せて、料金を比較することをおすすめします。

貸切バスの安定性の確認をするために、公益社団法人日本バス協会では、安全性評価認定制度というものを設けています。これは、個々の貸切バス事業者が安全性確保のための取り組みを適切に行っているかどうかを評価、認定を行い公表しているものです。
利用者が安全性の高い貸切バス会社を選択しやすくなり、事業者には安全性の確保に向けた意識の向上を促進しています。利用する際、料金も大事ですが、安全性を考えてバス会社を選ぶことも大切です。

INFORMATION

【2016年12月01日】 
ホームページを更新しました。